Top >  離乳食作りの基本 >  スープ作り

スープ作り

離乳食において、特に最初の頃は

味付けをあんまりしません。


食材の風味をそのまま活かしたり、

少しの味付けしか行いません。


そういった時に便利なのが、

このスープなのです。


茹でた野菜を入れたり、そのまま飲ませたりと

使用方法はたくさんあります。


多めに作っておけば保存出来るので、

けっこう役立ちますよ。


・和風だし


鍋に500mlの水を入れて、

そこにこんぶをいれておきます。


少しそのままにしてから、

15分ほどたったら火をかけます。


煮立つ前に、こんぶを取り出して下さい。


そこに鰹ぶしを10g加えて、

沸騰したらこして終了です。


これで、和風だしの出来上がりになりますよ。


とっても簡単ですので、

試しに作ってみてはどうでしょうか。


・野菜スープ


にんじん、じゃがいも、キャベツ、しいたけなど

野菜を100g用意します。


野菜が浸るほど水を入れて、

柔らかくなるまで煮込んで下さい。


アクが出たら取り除き、

野菜が柔らかくなったら完成です。


このままスープとしてあげても良いですし、

こして別々に保存しても良いです。


柔らかくなった野菜をすりつぶして、

離乳食にあげてもいいですね。


スープやだし作りは簡単なのですが、

面倒な方や時間がない方もいると思います。


そういう方には、ベビーフードコーナーにある

粉末をおススメします。


一回分づつスティック型になってますので、

お湯でとくだけで便利です。


持ち運びにも便利ですので、

私もよく使用していましたよ。


一回分づつなので、無駄なく使えますし

味も悪くありませんでした。

         

離乳食作りの基本

離乳食つくりは大変ですが、
やってるうちに楽しくなります。

お子さんの食べる量が増えると、
だんだん楽しみも増えていきますよ。

そんな離乳食作りに必要な基本を
紹介していきますね。

このカテゴリ内の記事


調理方法
スープ作り
離乳食の保存方法
ベビーフード







Yahoo!ブックマークに登録