Top >  離乳食作りの基本 >  離乳食の保存方法

離乳食の保存方法

赤ちゃんの離乳食は、

本当に少量なのでもったいないですよね。


一度に多く作ってしまった場合、

冷凍保存してしまいましょう。


2週間以内でしたら大丈夫なので、

やってみてはどうでしょうか?


私は、1つのジャガイモなどの野菜を

細かく切って冷凍しておきました。


一回分づつのパックが売ってますので、

それを愛用していました。


パックはレンジ対応で、

繰り返し使えて無駄なく使用出来ます。


・スープの場合


これは本当におススメな保存方法なんですが、

製氷皿に入れ流すことなんです。


氷状態のキューブ型になり、

一回づつ使えて無駄なく便利です。


解凍する際、レンジが鍋に入れて

煮立たせてしまえばいいだけです。


小分けに困ったとき、

思いつきでやって本当に正解でした。


・凍らせて保存


ほうれん草などは、茹でてしまって

小分けにしてラップしって棒状に包みます。


凍ったまま、使う量だけすりおろします。

楽ですし便利です。


他の野菜もそうします。

すりおろす時も凍ってるので楽に仕上がります。


一回分づつ使用するよりも、

茹でて小分けにした方が楽ですよね。


・ほぐして保存


白身魚や鳥ささみは茹でて、

細かくしてから保存するようにします。


小分けパックを使えば、

一回分づつ使用出来ますので楽ですよ。


凍ってしまうと中身が分かりずらいので、

記入しておくと便利です。


また保存する際、均等に

平らにしておいた方がいいでしょう。

         

離乳食作りの基本

離乳食つくりは大変ですが、
やってるうちに楽しくなります。

お子さんの食べる量が増えると、
だんだん楽しみも増えていきますよ。

そんな離乳食作りに必要な基本を
紹介していきますね。

このカテゴリ内の記事


調理方法
スープ作り
離乳食の保存方法
ベビーフード







Yahoo!ブックマークに登録