Top >  離乳食作りの基本 >  ベビーフード

ベビーフード

ベビーフードって手抜きな感じがする…


おいしくなさそう…


そう思って買わないでいるママさん、

少なくないと思います。


私も…

実はそう思ってた一人でした。


しかし、味付けや食感、

柔らかさは目安になります。


離乳食作りにおいての見本になりますので、

使用してみましょう。


無理にとは言いませんが、

なかなか便利でおいしいみたいです。


・粉末


だしやスープ、果汁や麦茶など

粉末タイプの物が多くありますね。


規定の量のお湯に溶かすだけ、

という便利な粉末タイプです。


味つけや持ち運びにも便利ですので、

けっこうおススメですね。


時間がない時などには、便利な粉末です。


・瓶詰め


そのまま食べられるようになってますが、

温めた方がおいしいですね。


けっこう量が多いので、

食べる前に小分けした方がいいと思いますよ。


残ったものは蓋をして、

冷蔵庫の中で保管しておけば大丈夫です。


表示された期限を守り、

無駄なく使える瓶詰めもおススメです。


・レトルト


そのまま食べられるようになってますが、

一回分づつにきちんとなってます。


食べる量は個人差がありますが、

ちょうど良い量になってると思います。


入れ物がトレー代わりになってますと、

温めも便利でなかなか良いです。


離乳食後期の子には、

持ち運びも便利でおススメですよ。


レトルトや瓶詰はそのまま食べられるので、

お出かけには便利ですね。


お湯やレンジが必要ないので、

外出する予定がある時にはおススメです。


また、買い物先に赤ちゃん室があれば、

お湯があることが多いです。


そういった時には、

果汁などの粉末を持ってると便利ですね。

         

離乳食作りの基本

離乳食つくりは大変ですが、
やってるうちに楽しくなります。

お子さんの食べる量が増えると、
だんだん楽しみも増えていきますよ。

そんな離乳食作りに必要な基本を
紹介していきますね。

このカテゴリ内の記事


調理方法
スープ作り
離乳食の保存方法
ベビーフード







Yahoo!ブックマークに登録