Top >  離乳食の中期 >  中期の離乳食とは?

中期の離乳食とは?

ご飯に興味を持ち始めた赤ちゃんですが、

でもまだまだです。


食感ですが、

舌で潰せる固さが基本になりますよ。


おかゆも、7倍がゆくらいが

丁度よいと思います。


おかずの場合、硬さは

豆腐くらいの固さがベストですね。


舌で潰せる程度といったら、

豆腐と覚えておくとわかりやすいと思います。


初期より少し固くなってきましたが、

でもまだ柔らかい時期ですよね。


きちんと噛んで飲むことを覚えさせないと、

丸飲みの子になってしまいます。


与えるスピードに気をつけながら、

ゆっくり与えてあげましょうね。


今までは一品ものだったことが多かったですが、

これからは献立に気を配ります。


糖質、ビタミン類、タンパク質を

うまく摂取できるようにしてあげましょうね。


うちの息子の時は、おかゆ・おかず・味噌汁と

必ず作っていましたよ。


おかずもバリエーションが増えて、

離乳食を親子で楽しんでいました。


またベビーフードも使い、

けっこう色々なおかずを食べさせていました。


好き嫌いがなかったので、

何でも食べてくれたことにはありがたかったです。


いつも同じだと飽きてしまいますので、

大変ですがメニューを考えてあげましょう。

         

離乳食の中期

離乳食にもけっこう慣れてきて、
ご飯に興味を示し始める時期です。

成長と共に、自我も出てきたりするので
楽しい時期でもありますね。

そんな中期に悩みを持つママも多いので、
解決出来たらいいなって思います。

このカテゴリ内の記事


7ー8ヵ月頃
中期の離乳食とは?
中期のスケジュール
好き嫌いが出てきた
離乳食中期のポイント







Yahoo!ブックマークに登録